1. デイサービス「マダン」
  2. 団体概要

団体概要

 本会は、愛知県下在住のコリアンを始めとする一般県民を対象に、主に生活自立支援活動を行い、ひとりひとりの尊厳を守り、人間相互の多様性を尊重する差別のない真の共生社会を構築していくことを目的とする。

はじまりの経緯

 デイサービスセンターいこいのマダンの前身は「名東トンネ憩いのマダン」で、名古屋市北区大曽根周辺に住む在日コリアン高齢者たちのために、週に2回のマダンランチとレクリエーションを提供してきました。

 申美貴初代理事長の呼びかけに、在日コリアン高齢者たちに少しでも恩返しをしたいとのボランティアたちが集い、2年にわたりおいしい食事を作ってきました。そして2003年10月1日から介護保険事業としてデイサービスセンターいこいのマダンがスタートしました。

 その間に、同胞障がい者と家族、ボランティアが集うあいちムジゲ会(虹の会)支援、国際交流事業としてのハングル講座、多文化ネット「クミヨ(夢よ)」事業、を展開してきました。
 まさに、在日コリアン1世の文化を学び伝えるための様々な事業を展開しながら今日に至っています。

※トンネ(村)、マダン(広場)

コリアンネットあいちの提言-法人設立15周年を迎えて-

提言1 在日コリアンの尊厳を守る・権利擁護を目指す。

大きく変わりつつある在日コリアン高齢者問題において、最も大切なのは、祖国の統一を願い同胞社会のために献身的に働いてきた世代の「切ない思い」に寄り添うこと。

1.外国人無年金高齢者・障害者の現状を常に発信する。★今、もっとも懸念することは、在日コリアンの無年金者の問題。国民年金に加入できなかった同胞たちが高齢者になり、仕事がなくなり、その多くが生活保護を申請して行く状況が目前だ。生活保護の問題が社会問題になっている今、私たちができることは何かを常に考え発信し行動する。
2.生活困窮者救済の仕組みづくりをする。★財力のある人たちが、社会的課題を解決するために、社会的企業・起業を助けたり、基金・助成金制度を設けるなど様々な展開をできないだろうか。★年末に行われるサランエ募金が、生活困難者、無年金低所得者へ届く仕組み作りをできないだろうか。
3.成年後見 ★介護保険制度と共に開始した権利擁護の制度について、同胞コミュニティーでも周知し「法人後見」の仕組みを確立する。

提言2 福祉・医療・保健分野の専門人材拠点をつくる。

1.民族団体の活動を社会資源としてとらえる。★民族団体の活動を地域包括ケアシステムに位置づける。地域包括センター、ケアマネさんたちと各地域民族団体職員がつながることで、朝鮮半島にルーツを持つ、寄り多くのひとたちへつながる。★相互扶助の伝統を発信する。
2.居宅介護支援事業所ファニーの活動を強化する。 ★ケアマネ体制を複数体制にしながら、「地域密着」と同時に「同胞密着」を発信する。   ★集中減算との闘いの中で地域の仲間たちとつながったことを糧に、公平中立な立場を常に意識しながら、同胞高齢者や障害者の尊厳を守る。

提言3 在日コリアン生活サポートセンターの開設を目指す。

愛知県的な拠点として、地域社会とコリアンコミュニティ-、外国人コミュニティ-への中間支援的な役割を目指す。 ★統一した故郷へ帰ることを夢見ていた多くの在日同胞たち他界した。その度に、最期まで寄りそえなかったことを大きな課題としてとらえている。

提言4 後援会の発足を目指す。

15年間の歩みを振り返る過程で、もっとも多く聞かれた言葉-それはマダンがあって良かった-という同胞高齢者とご家族の言葉だった。どなたにとっても故郷(コヒャン)のようなマダンを目指し、スタッフたちは奮闘してきた。 そして、その過程は、日本の社会における「自立の過程」でもあった。同胞だけの「自己完結型」ではなく「つながりあう自立支援」であることを学んだ。多くの友人たちが、コリアンネットあいちを支えてくれ、守ってくれた。そして、同胞高齢者自身もマダンを守ろうとしている。後援会はその想いを形にすることを目的とする。

団体名及び代表者名
NPO法人コリアンネットあいち 南 洋二
認定
2003年6月4日 愛知県にて認証
登記
2003年6月10日
貢献する活動内容
医療・福祉増進、子どもの健全育成、人権擁護・平和推進、社会教育推進、国際協力、学術・文化・芸術・スポーツ振興、まちづくり
介護保険事業
  • デイサービスセンターいこいのマダン:2003年10月1日開設
  • 居宅介護支援事業所ファニー:2005年7月1日より開設
  • デイサービスセンターせとマダン:2005年11月1日開設
  • デイサービスセンターゆめマダン:2011年2月1日開設
  • デイサービスセンターゆめマダン:2018年1月31日閉設
※2006年4月より、いこいのマダン、せとマダンともに、介護予防通所介護事業所の指定も受け、 要支援の方々へのサービスなどを行なってまいりました。
障害者自立支援事業
同胞障がい者と家族、ボランティアが集うあいちムジゲ会への支援
-年2回のイベント企画
-ボランティア育成:愛知朝鮮中高級学校での福祉セミナー開催 など
子育て支援事業
アイデンティティーを育むためのKOREA-子どもたちの遊びの広場事業、ウリハッキョ(民族学校)保健教育支援ネット事業
国際交流
多文化ネット「クミヨ(夢よ)」事業との連携(ハングル講座の運営)
社会教育事業
ボランティアネットワーク
ポラム(生きがい・やりがい)ティア事業
団体本部
〒462-0825 名古屋市北区大曽根4丁目6番60号

いこいのマダン

所在地
〒462-0825 愛知県名古屋市北区大曽根4丁目6番60号
管理者
朴 鐘寿
電話番号
052-991-0091
登録番号
介護保険事業所番号第2370301109号

せとマダン

所在地
〒489-0805 愛知県瀬戸市陶原町1-57
管理者
趙 順玉
電話番号
0561-83-4011
登録番号
介護保険事業所番号第2372301172号

居宅介護支援事業所ファニー

所在地
〒462-0825 愛知県名古屋市北区大曽根4丁目6番60号
コリアンネットあいち事務所内
管理者
金 貞 蓮
電話番号
052-910-3309
登録番号
介護保険事業所番号第2370301554号

個人情報の利用目的

 マダングループでは、個人情報保護法及び利用者の権利と尊厳を守り安全管理に配慮する「個人情報に関する基本方針」の下、利用者の個人情報の「利用目的」を公表します。

施設内部での利用目的

  1. 施設が利用者等に提供する介護サービス
  2. 介護保険事務
  3. 介護サービスの利用にかかる施設管理運営業務のうち次のもの

入退所等の管理,会計、経理,介護事故、緊急時等の報告,当該利用者への介護・医療サービスの向上

他の介護事業者等への情報提供を伴う利用目的

  1. 施設が利用者等に提供する介護サービスのうち
    他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)、
    照会への回答
    その他の業務委託
    利用者の診療等に当たり、外部の医師の意見・助言を求める場合
    家族等への心身の状況説明
  2. 介護保険事務のうち
    審査支払い機関(国保連合会)へのレセプトの提出
    そ審査支払い機関(国保連合会)又は保険者からの照会への回答
  3. 損害賠償保険等にかかる保険会社等への相談または届け出等

上記以外の利用目的

  1. 施設内部での利用に係る利用目的
    ①施設管理運営業務のうち次のもの
    ・介護サービスや業務の維持・改善の基礎資料
    ・施設等において行われる学生等の実習への協力
    ・施設において行われる事例研究等
  2. 他の事業者等への情報提供に係る利用目的
    ①施設の管理運営業務のうち
    ・外部監査機関、評価機関等への情報提供

なお、あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはいたしません。

NPO法人コリアンネットあいち